OEOM Shanti the other

We provide Indian Classical Music to the world

Raga Darbari Kanada

October12

Akbar_and_Tansen_visit_Haridas

Raga Darbari Kanada
Dominant Note:
Aroha:
Avaroha:
Pakad:
characteristic, Nee, Pa, form the main combination, Ga, is Andolit, (swings and is tremulous).

Time of Day: Midnight
Setting: Forest
Season: Spring
Ragamala: Miyan Tansen

Darbari Kanada, or simply Darbari, is a Hindustani raga in the Kanada family, which is thought to have originated in Carnatic music and brought into North Indian music by Miyan Tansen, the legendary 16th century composer in emperor Akbar’s court.
This tradition is reflected in the name itself; Darbar is the Persian derived word in Hindi meaning “court.”

Poet:
Akbar and Tansen,
visit Haridas in Vrindavan.
Haridas is to the right, playing Veena
Akbar is to the left,
dressed as a common man,
Tansen is in the middle,
listening to Haridas.

概要
時間:深夜
季節:春
場所:森
意味するもの:
与えられるもの:

解説
Raga Darbari Kanada、または単にRaga Darbariは、南インドの音楽に起源を持つと考えられている。
皇帝アクバルの宮廷音楽家であり、伝説的な16世紀の声楽家ミヤン・タンセンの制作した北インド音楽のラーガ(ヒンドゥスタニー・ラーガ)である。 タンセンは、皇帝アクバルと共にブリンダバンの森に住む師ハリダスを訪れる。そして、ハリダスの奏でるヴィーナを聞いてRaga Darbari Kanadaを創ったと言われている。
この伝説はこのラーガの名前に反映されている。つまりDarbariはヒンディー語で宮殿を表している。
Raga Darbari Kanadaは、森に設定され、深夜に奏することになっている。

詩篇
深夜のブリンダバンの森に、ハリダスは座し、
何も纏わずヴィーナを奏する。
アクバルはただ、じっと動かず、
タンセンは、師の音を聞き、
偉大なる光明を得る。

posted under

Comments are closed.