OEOM Shanti the other

We provide Indian Classical Music to the world

Raga Patmanjari

October12

1998.42.117

Raga Patmanjari
Dominant Note: Sa
Aroha: S R G m P D P m P N S
Avaroha: S N D N P m G R S
Pakad: S G R G M P, m G R S, N D N D P

Time of Day: Midnight
Setting: Courtyard
Season: Spring
Ragamala: Patmanjari Ragini

A lady friend is consoling this ragini, lonesome for her absent lover.
Located in a courtyard, this spring raga is meant to be sung at midnight.

Poet:
A garland of withered flowers
a wasted body,
a stricken mind.
Oh dutiful friend,
separated from her lover,
she sits alone.

概要
時間:深夜
季節:春
場所:中庭
意味するもの:枯れた花、打ちひしがれた心、優しい友
与えられるもの:慰め、好転、真の友人

解説
Raga Patmanjariは、遠く離れた恋人を思い寂しがっているPatmanjariを彼女の友人が慰めている情景を表している。 彼女は、そんな友人の気持ちが嬉しい。少しだけ気持ちが晴れた気がする。
この春のラーガは、中庭に設定され、深夜に歌われることになっている。

詩篇
枯れた花輪
無用な体
打ちひしがれた心
ああ、我が友よ。優しき人よ。
恋人から離れ、
彼女は一人、座して。

posted under

Comments are closed.