OEOM Shanti the other

We provide Indian Classical Music to the world

Raga Deepak

October12

Sahibdin_'Ragmala_Dipak-raga'

Raga Deepak
Dominant Note: Sa
Aroha: S G M P d N S
Avaroha: S N d P M G r S
Pakad: N r S, G M P, M d P, M G, r S

Time of Day: Noon
Setting: Palace
Season: Summer
Ragamala: Dipak Raga
Thata: Pooravi

Deepak Raga is rarely performed since it has a legendary association with intense heat and fire. This raga depicts a lord and lady in a room lit by small earthen lamps.
Deepak Raga is a summer raga, is set in a palace, and is meant to be sung at noon.

Poet:
Darkness covered the lady’s chamber till Deepak entered, load of the dazzling lays, she covered her face in bashful and timid, he abandons his heart and is conquered.

概要
時間:正午
季節:夏
場所:宮廷
意味するもの:情熱、燃えるような愛、貴婦人、紳士
与えられるもの:恋愛、恋人、結婚、財産、家、晴天

解説
Raga Deepakは強烈な暑さと火との伝説的な関連性を有するため、ほとんど演奏会で演奏されることがない。
このラーガは、小さな陶器のランプに照らされた部屋の王Deepakと貴婦人を描写している。
Raga Deepak は、真夏の宮殿に設定されており、正午に歌われることになっている。

詩篇
Deepakが来るまでは、貴婦人の部屋はまだ暗かった。
なんと高貴なお方。
彼女は内気で臆病な素顔を捨て、彼は情熱的な欲望を解き放った。

posted under

Comments are closed.