OEOM Shanti the other

We provide Indian Classical Music to the world

Raga Megh Malhar

October13

Megha_Mallar_Raga,_Folio_from_a_Ragamala_(Garland_of_Melodies)_LACMA_M.71.1.24

Raga Megh Malhar
Dominating Note: Sa
Aroha: S m R m P n N S
Avaroha: S n P m R m N R S
Pakad: S n P n S R m R S,
n P m R, S N S

Time of Day: Night
Setting: Courtyard
Season: Monsoon
Ragamala: Krishna

Megha Malhar is a monsoon Raga, and is supposed to
produce rain when recited correctly. The Raga depicts a dancing Krishna. The music portrays the majesty of the clouds and expresses the joyful feeling caused by the onset of the rains. This raga is meant to be sung at night. The name derives from the Sanscrit word Megh, meaning cloud. Legends say that this raga has the power to bring out rains in the area where it is sung. Megh Malhar is similar to raga Megh.

Story:
Young women have gathered among the forest at night. The girls are waiting for Krishna. In the middle of the night, the girls will be heard the sound of the flute from nowhere. Krishna has beautiful eyes and the blue. He would be more beautiful than anyone of the girls gathered in the forest. Clouds will be spread in the sky. Started dancing innocently. The girls is so mesmerized to see him. In the middle of the night, in the forest the girls and Krishna will be playing and dancing.

Poet:
Of blue splendor,
the son of heaven,
binds a turban round
his matted locks.
Dancing to the roar
of the rain-clouds,
proud and playful is Megha,
King of the Thunder.

概要
時間:夜
季節:雨季
場所:中庭
意味するもの:雲、雨、雷、楽しみ、美しさ、威厳
与えられるもの:地位、望んでいたもの、思わぬ贈り物

解説
Raga Megh Malharは雨季のラーガであり、正確に奏されたり、歌われたりしたときには、その地域に雨を降らせることができると言われている。このラーガは踊るクリシュナを描いている。曲想は雲の威厳や雨の発症に起因する楽しい気持ちを表現している。その名前は雲を意味するサンスクリット語のMeghに由来する。
Raga Megh Malharは、夜間に歌われることになっている。

物語
夜の森に若い女性たちが集っています。彼女たちは、クリシュナを待っているのです。夜も深くなった頃、どこからともなく笛の音が聞こえてきます。クリシュナは、青い肌と深い瞳で彼女たちを見つめています。その姿は、おそらく、この森に集ったどの女性よりも美しいでしょう。空に雨雲が広がり始めます。クリシュナは無邪気に踊りはじめ、女性たちは溜息を漏らします。
深夜の森のなか、クリシュナと若い女性たちの踊りと音楽はいつまでも続いてゆきます。

詩篇
なんと美しい青、素晴らしき天国の息子よ、
縮れ毛に巻かれたターバン、 雨雲の動きに合わせて踊る。
誇りと無心さを併せ持つMeghaよ、ああ、気高き雷の王よ。

示唆
このラーガマーラは、ものの見方についてを教えています。
人は必ず、世間の慣習や評判の色眼鏡をかけて物事を見ているものです。
それは避けられないし、それに対して自分なりの考えがあるのは悪いことではありません。
大切なのは、心の持ち方一つで、ものの見方が変わるということ。
物事がうまく行っていないとき、自分のものの見方が偏っているのかもしれないということを、ちょっとでも考えてみることは、とても大切なことです。
「私はダメなんだ」ということではなく、「ものの見方を変えれば、きっと望みがある」というふうに捉えるのです。このカードは、ものごとを客観的に冷静に見ることで、「心の自由」を知ることが大事だと教えてくれています。
勇気を出して真実と向き合うことで、必要なものを残し、不要なものを捨て、望みを持って新たな一歩を踏み出すことができます。

posted under

Comments are closed.